キャリアコンサルタント学科試験当日!持っていくとよいもの

未分類

キャリアコンサルタント試験も当日を迎えると、あとはやるだけ!モードになりますね。当日に実力を発揮するためには、持ち物などの準備を万端に整えておきたいものです。

ここでは、受験票などのマストアイテムに加え、試験当日にこれはあるとよい!というアイテム、忘れがちなアイテムをご紹介します。

お昼ごはん

さっそくお昼ごはんの話かい!という感じですが、まあ聞いてください。

キャリアコンサルタントの学科試験はよく大学で実施されますが、大学周辺の食べ物屋さんは日曜定休のところが多いのです!!

食べる場所がまったくないわけではないでしょうが、学科試験が終わると一斉に昼休みとなるので、出足が遅れるとご飯を食べるところを探すのに苦労する可能性があります。

試験が始まる前に会場付近のコンビニで調達する手もありますが、もしかすると一斉に受験生がおしよせたために品薄になっているかもしれません。

会場に着く前に自宅の近くで昼食を調達するのがベターかと思います。

薄手の羽織物、もしくは脱ぎ着しやすい服

試験会場は席によって空調が効きすぎている場合があります。夏だと寒すぎる、冬だと暑すぎるというわけですね。冷房対策には薄手のカーディガンやシャツを持っていくとよいでしょう。これらを膝にかけるだけでも効果があります。暖房対策には脱ぎやすい服装を。下着で防寒対策をしすぎると、暑くても脱げないので注意してください。

試験会場が大部屋の場合は空調を調整してくれる可能性は非常に低いです。自分の身は自分で快適にしましょう!

メガネ(視力の悪い人)

学科試験や論述試験の説明をするときや問題の訂正があったりするときに、 試験官は会場のホワイトボードに注意事項や訂正箇所を書きます。学科や論述は手元の問題文を見るだけだし…と思ってメガネを持って行かないと、注意事項や訂正箇所が読めません!

その場でメモなどをとっておくとよいのでしょうが、心理的に焦るのでメガネはあったほうがよいでしょう。あと慣れない路線の電車に乗るときや試験会場の案内板を読むときのためにも、視力に自信がないならメガネはかけておいたほうがよいです。

私の場合は同じ大学でいくつか試験が開催されていたので、違う会場に行きそうになりました笑

以上3点、キャリアコンサルタント学科試験を受けるにあたって持っておくと安心なアイテムをご紹介しました。

快適な環境づくりのために自分でできることはして、普段の実力を出し切りましょうー!

応援しています!!

コメント

タイトルとURLをコピーしました