妊娠、育児で退職したママ注目!お金をかけずに資格スクールに通う方法

未分類

さて、国家資格になって間もない「キャリアコンサルタント資格」ですが、この資格を取るには以下の条件が必要となっています。

 

キャリアコンサルタント試験は、次のいずれかの要件を満たした方が受験できます。

・厚生労働大臣が認定する講習の課程を修了した者
・労働者の職業の選択、職業生活設計又は職業能力開発及び向上のいずれかに関する相談に関し3年以上の経験を有する者
・技能検定キャリアコンサルティング職種の学科試験又は実技試験に合格した者
・上記の項目と同等以上の能力を有する者

 

出典:厚生労働省HP

 

このような仕事が未経験の方や勉強を始めたばかりの方は、一番上にある「厚生労働大臣が認定する講習の課程を修了」するパターンを選ぶことになるでしょう。

いわゆる資格取得スクールへの通学ですね。

 

で、スクールをいろいろと検討してみたのですが、

どれも料金が高額…!

 

だいたい30万~40万円くらいかかるのではないでしょうか。

(「BrushUP学び」などを見てみるとわかりやすいかと思います)

 

私もそんなにお金の余裕があるわけではない子持ちの主婦。

「この資格さえ取れば確実に稼げる」とはいえない資格にポンと数十万円を出せるほど羽振りのいい人間ではないので非常に悩みました。

 

が。

 

キャリアコンサルタントのスクールは

専門実践教育訓練給付金 指定講座になっているケースが多いのです!

 

専門実践教育訓練給付金指定講座とは

一定の条件を満たす雇用保険の一般被保険者等(在職者)または一般被保険者等であった方(離職者)が、厚生労働大臣が指定する専門実践教育訓練を受講している間、また、修了した場合、その受講のために本人が支払った教育訓練経費の50%(年間上限40万円)を、原則2年(最大3年)まで、ハローワークから支給する制度です。
なお、教育訓練を途中でやめた場合や、講座ごとの基準により定められた訓練期間中に修了する見込みがなくなった場合は、それ以降支給されません。

出典:政府広報オンライン

 

ざっくりいうと、雇用保険の被保険者や被保険者であった人は、訓練を最後まで受講すると教育訓練費の半額が返ってくるということですね。

しかも修了後、資格取得などして正職員などに雇用された場合は、教育訓練費の70%(年間上限56万円)が返ってくるのです!!

 

これは心強い情報…。

 

ですが。

 

私が退職したのはかれこれ4.5年前のことです。

果たして専門実践教育訓練給付金支給の対象になるのでしょうか?

 

先ほどの「政府広報オンライン」によると、

雇用保険の一般被保険者等であった方
一般被保険者等の資格を喪失した日(離職日の翌日)以降、受講開始日までが1年以内であり、かつ、支給要件期間が3年以上(※)ある方

私の場合は、思いっきりアウトですよね。

 

と思いきや!

 

厚生労働省のHPにこのような文言が。

 雇用保険の被保険者であった方(離職者)
受講開始日に被保険者でない方のうち、被保険者資格を喪失した日(離職日の翌日)以降、受講開始日までが1年以内(妊娠、出産、育児、疾病、負傷などで教育訓練給付の適用対象期間が延長された場合は最大20年以内)であり、かつ支給要件期間が3年(初めて教育訓練給付金を受給する場合は2年)以上ある方

出典:厚生労働省HP

 

私が仕事を辞めたのは、二人目の子どもを妊娠したから。

 

ということは

いけるんじゃない??

というわけで期待しつつ、ハローワークに申し込みをしに行きました。

 

「専門実践教育訓練給付金を受けたいのですが、対象になりますか?」と係のお兄さんに聞いたところ「照合しますね」と調べてくれました。

 

結果は

非対象。

 

えっ…。

 

ここでひるんではいけません!

 

仕事を辞めた理由が育児のためであることを説明し、証拠として子どもの生年月日がわかる資料も持っていきました。(母子手帳などがよいかと)

 

そして、無事に専門実践教育訓練給付金の対象とみなされることができました。

これで約15万円が返ってくることになったのです。

この金額は大きいですよね。

 

給付金関係はある日突然変わっていたりするので、最新の政府の情報をご覧になるのがよいかと思います! 政府広報オンライン

 

それでは!

コメント

タイトルとURLをコピーしました