適職探しに役立つ!ホランドのパーソナリティ分類

キャリア理論紹介

世の中にはたくさんの職業があります。「なんの仕事を選んでもいいよ」と言われる現代では、

自分の適職を知りたい!

と考える方も多いのではないでしょうか。

適職診断や占いを提供しているサイトも数多くありますね。

キャリアの研究者も 人々がよりよいキャリアを形成できるよう、適職診断ができるツールを開発しています。

ここでは、 「ホランドの六角形」で有名なジョン・L・ホランドの理論をご紹介します。

6つの性格タイプ

ホランドは、人の性格を6つの基本的なタイプに分けました。

現実的タイプ(R=Realistic)

物や道具、機械などを扱い、明確で秩序的、組織的な操作をする活動を好みます。

手先が器用で、組み立てや修理などの手作業や機械作業、農作業、電気関係、技術関係のスキルを伸ばすことに向き、実践的にキャリアを積むタイプです。

職業例:エンジニア、カメラマン、製図者など

研究的タイプ(I=Investigative)

数学、物理、生物学などに興味や関心があります。好奇心が強く、学者肌で独立志向が強いタイプです。

観察や研究を好み、物事を分析して自分の意見を明確に持ちます。科学や医学分野の職業を好みます。

職業例:科学者、プログラマー、図書館館員など

芸術的タイプ(A=Artistic)

創造的で慣習にとらわれず、発想が豊かで自由な感性を持ちます。繊細で感受性が強いです。

言語、音楽、美術、演劇など、創造に関係する能力があり、才能を活かせる仕事を好みます。

職業例:アーチスト、デザイナー、ライターなど

社会的タイプ(S=Social)

社会的活動を熱心に行い、対人関係を大切にします。教育、援助、コミュニケーションなど、人に直接かかわる能力に優れています。

教育関係、カウンセリング、看護、保育などの仕事を好みます。

職業例:教師、看護師、カウンセラーなど

企業的タイプ(E=Enterprising)

リーダーシップを発揮し、組織目標を達成するなどの経済的利益を目指す活動を好みます。リーダーシップや説得力などのスキルを伸ばすことに向き、外交的、精力的で、目標達成に向けて野心を持ちます。

人の管理、販売、営業などの仕事を好みます。

職業例:人事部や営業部など企業の管理職、保険や不動産などのセールス

慣習的タイプ(C=Conventional)

情報を具体的、秩序的、体系的にまとめ、整理する活動を好みます。責任感があり、緻密で信頼できるタイプです。

データ処理および管理、ファイリング、情報処理機器の操作などの仕事を好みます。

職業例:秘書、経理、電話オペレーターなど

6つのタイプと六角形の相互関係

6つの性格タイプを下図の六角形にあてはめると、相互関係を表すことができます。

隣り合うタイプは近い関係にあり、向かい合うタイプは遠い関係にあることを意味しています。

例えば、芸術的タイプ(A)は研究的(I)、社会的タイプ(S)とは似た要素がありますが、慣習的タイプ(C)とはまったく似ていないということです。

六角形を使って適職を知る方法

この6つのタイプのうち、あてはまるところの多い3つのタイプの頭文字を合わせたものを、スリー・レター・コードと呼びます。

ホランドは、人は自分のコードに関わる活動を好み、また、コードは自分の興味や関心を発揮できるものであり、価値観を満たすものだと考えました。

自分のコードと職業のコードが一致していれば、自分の職業に満足感と安定感を持てるようになり、成果もあがるので、社会貢献にもつながるということです。

ホランドは職業分類辞典(DOT)を作成し、さまざまな職業とそれに対応する性格コードの分類とのマッチングを行いました。

例えば、銀行の出納係のスリー・レター・コードはC-S-Tとなっています。
C-S-Tの性格コードを持つ人を採用すれば、仕事をする人も満足感を持ち、仕事の成果もあがるというわけです。

ホランド理論の適職検査はどこで受けられるの?

それでは、ホランド理論の適職診断テストはどこで受けられるのでしょうか?

ホランド理論をベースにした適職検査には以下のものがあります。

インターネットで受検する

インターネット上でホランド理論を元にした適職診断テストを受検できるツールには

リクルートが提供するR-CAP(受検料 ¥4,200)と
日本マンパワーが提供するCPS-J(受検料  税抜¥2,500)があるようです。

ハローワークで受検する

ハローワークでも適職診断テストを受検できます。

ただし、ハローワークによって受けられる適職診断が違うようです。ハローワークで受検をしたい場合は、どの適職診断を扱っているのかを利用するハローワークに問い合わせてください。

ホランド理論を元にした適職診断には、次のものがあります。

職業レディネステスト

対象年齢:中学生~

VPI職業興味検査

対象年齢:短大生、大学生~

適職診断で自分の「やる気スイッチ」を探そう

ホランド理論とご自身を照らし合わせて、いかがだったでしょうか?

なんか今の仕事に充実感がない…というときは、この分類から自分の「やる気スイッチ」を探してみるのもひとつの方法だと思います。

やりがいを感じるポイントは人それぞれちがうもの。

楽しく、成果の出る職業に出会えたら、とても豊かな人生になることでしょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました